記事一覧

【御堂山】 西上州・奇岩ノジジババ岩 【鍬柄山】

行日20231202】

20231204-14-1.jpg

じじ岩からばば岩とこたつ岩。
20231204-17.jpg

鍬柄山へWヘッダー。
20231204-47.jpg


赤城へ霧氷を見に行きたいが、まだ季節が早くタイミングが良くないと霧氷が出てくれません。
強い冬型の気圧配置の為、比較的温暖な西上州へ。
御堂山のじじばば岩を見に登ります。
いつも信州への移動で使用の254号からスタートです。
西牧関所跡から半党系回り。                            登りの林道はよく整備されている。
20231204-01.jpg 20231204-02.jpg

車は数台停まっていたけど、静かな域。       ミノ滝。右側をトラロープで登る。
20231204-03.jpg 20231204-04.jpg

深い樹林帯から標高をあげ太陽。
20231204-05.jpg

もみじが残っていた。
20231204-06.jpg

大きくなれよ。
20231204-07.jpg

分岐のモミジの樹は見事。
20231204-08.jpg

いい時期に来れば葉が多くもっと赤く染まっていたかな。
20231204-09.jpg

落葉に埋没。落ちる前だったらもっとキレイだったか、はたまた暗い藪だったか…。
20231204-10.jpg

分岐からじじばば方面へ。岩直下で西側を回り込んで登るが、崖なので滑落には注意。
20231204-11.jpg

奇岩現る。
20231204-12.jpg

左・ばあ岩、右・じい岩。奥に鹿岳。
20231204-14-1_202312041159541a8.jpg

以外と、人気のですね…。
20231204-14-2.jpg

単独の方と、ふたグループで狭いこたつ岩の上に10人以上、ドローンも飛ばし始めたのでじい岩へ。
20231204-15.jpg

右手前、物語山と奥に荒船山。
20231204-16.jpg

じい岩からばあ岩と奥にこたつ岩。
20231204-17_20231204120000a78.jpg

荒船山から立岩方面。荒船山の反対側もずっと割とぺったんこな山だったんですね。
20231204-19.jpg

一旦分岐に戻り、御堂山山頂へ。            PH。先まで道があるので向かいます。
20231204-20.jpg 20231204-21.jpg

展望なし。誰も来ない。静かなピークで貸切お昼休憩。
20231204-22.jpg

紅葉は終盤。
20231204-23.jpg

半時計周りで周回。本宿分岐の標識。文字は見えない。  植林の急すぎる尾根を下って行く。
20231204-24.jpg 20231204-25.jpg

谷に入ると落葉で道は埋まり不明瞭。ピンテもあまりない。
20231204-26.jpg

核心部の5mの細い滝。落葉で隠れているのでへたしたらドボンしかねないが、右岸から下る。
20231204-28.jpg

林道に合流。あまりオススメできるコースではないので通常はピストンのがいいかも。
20231204-29.jpg

林道は落石や倒木、木が生え、かなり荒れておりJimnyでも来るのは難しい。
20231204-30.jpg

モミジはキレイだ。20231204-33.jpg

陽光。
20231204-31.jpg

F11。
20231204-32.jpg

植林帯は黄葉。
20231204-34.jpg

林道はさらに草と竹が生えトンネル。   ブドウの木の倒木が通せんぼ。ガードレールを跨いで進みます。
20231204-35.jpg 20231204-36.jpg

秋らしいススキ。奥は物語山とメンベ岩。
20231204-37.jpg

じいとばあ岩、こたつに箪笥?いろいろ説があって面白い奇岩の山。
いつか街道沿いのお店にも立ち寄ってみようかな。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------

昼に下山したのでまだ早い。少し物足りなさ?もあったのでサクッと登れて展望のいい山へ行こう。
Jimny専用?かと思うようなトンネルは下仁田のメインルート。

上信電鉄・せんだいら駅経由で鍬柄山登山口から第2ラウンド開始。こちらも意外と人気ですね。
20231204-38.jpg 20231204-39.jpg

少し登ると石尊大権現神社。ギンナンのオイニーで辺りが充満。 意外と急登。
20231204-40.jpg 20231204-41.jpg

鎖場の手前でクライマーの方が練習中。フツー登山者の私は鎖を使って山頂へ。
20231204-42.jpg 20231204-43.jpg

少し登るだけでこの展望。
20231204-44.jpg

赤久縄山方面。麓の紅葉がスバらしい。
20231204-45.jpg

20231204-46.jpg

鍬柄山山頂。 四ッ又山・鹿岳・物語山・荒船山。
20231204-47_202312052055249e3.jpg

稲含山・赤久縄山方面。
20231204-48.jpg

四ッ又山・鹿岳。間の山はしれいた山かな?
20231204-49.jpg

西上州。渋いな。
20231204-50.jpg

麓の紅葉見下ろすと最高。 奥に赤城山。霧氷出るまでお預け。
20231204-51.jpg

稲含山・赤久縄山・四ッ又山・鹿岳・大桁山。
※タッチすると大きな写真で見れます。
20231204-54.jpg

気温が下がらず霧氷がなかなか出ない。
冬らしく、北は休みにずっと悪天候、雪山行きたいなぁ。
久しぶりの西上州、近場でいい山いっぱい。まだまだ未踏の山がたくさんあるので、雪山行けない時はまた登りに来よう。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
【山行】単独行
【山行CT】御堂山 3時間45分 鍬柄山1時間12分
【山行歩数】18673歩
【ルート】
 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Jimny Hiker

Author:Jimny Hiker
四季を問わず山と撮影を楽しむ登山依存症ハイカー。

【山・その他近況】

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

年別記録

検索フォーム

Jimny-Hiker

カウンター

Blog★Ranking



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ