記事一覧

【双六岳】 下山後快晴 【テント泊】

【山行日20220810-11】

鏡池。
20220811-22.jpg

雲に覆われる槍ヶ岳。
20220811-12.jpg

【山行日20220810】
北ア白馬方面を予定していたけど安定しない天気で読みが難しい。
SCWも日々変化。日本海側に前線があり直前で予定変更、もう少し南下して裏銀座方面へ。
コロナ禍の為、バスやロープウェイの移動は出来るだけ避けたい。
新穂高温泉から双六岳へと向かいます。
2017年に新穂高から雲ノ平方面へ縦走して以来5年ぶりの双六岳。前回天気が悪く双六岳山頂からの槍が見れていない。今回はどうだろうか。
シゴトを半ドンで切り上げ254号をひた走る。行きに荒船の湯で汗を流す。
三才山、松本の無料化したトンネルを抜ける。松本市内へは入らず梓川沿いに進み上高地方面へ。
安房トンネルを抜け新穂高温泉の駐車場に着いたのが22時。温泉と食事で結構時間がかかってしまった。満車の看板があったけど行ってみると奥が少し空いてるとのことで車中泊。
山の日前日ですが朝起きるとほぼ満車でした。夜明け前に雨が降ったり止んだり。微妙だが行ってみましょう。
まだ暗い4:40スタート。                 雲行きは怪しい。
20220810-01.jpg 20220810-03.jpg

ワサビ平小屋。小熊出没が多発しテント泊自粛中。 秩父沢。この先で雨が降ってきたのでレインウェアを着る。鏡平に着く前からこの状況、天気の読みを完全に間違えた。
20220810-02.jpg 20220810-05.jpg

鏡池。何も映らず。                                                          鏡平小屋。
20220810-08.jpg 20220810-09.jpg

弓折分岐へと登る。ミヤマキンポウゲとシラネニンジン。 弓折分岐。登山者多し。
20220810-11.jpg 20220810-14.jpg

まだハクサンイチゲが咲いていた。
20220810-13.jpg

コバイケイソウとミヤマキンポウゲ。
20220810-16.jpg

ウサギギク。
20220810-17.jpg

クチバシシオガマとトモエシオガマ。
20220810-18.jpg

弓折岳上空、青空の予感。 予感だけでした(;´Д`)
20220810-15.jpg

もうウメバチソウが咲いています。
20220810-19.jpg

キンコウカの群落。
20220810-20.jpg

イワギキョウ。
20220810-21.jpg

紫色のトリカブトが見頃。
20220810-22.jpg

ガスに覆われる双六岳と双六小屋が見えてきました。 もうすでにテントが結構あります。
20220810-23.jpg

トウヤクリンドウ。
20220810-24.jpg

クチバシシオガマの群落。
20220810-25.jpg

双六小屋で受付を済ませテント設営。風が強い。双六池湖畔の一等地に設営。
20220810-26.jpg

小屋で生を頂く!                     テントに戻って昼寝。
20220810-27.jpg 20220810-29.jpg 

到着時数張だったテントは夕方には100張以上設営されていました。
20220810-31.jpg

双六岳が姿を現しました。
20220810-32.jpg

小屋から鷲羽岳方面。奥に野口五郎岳、雲の切れ間に餓鬼岳。
20220810-34.jpg

鷲羽岳、きれいな山です。
20220810-33.jpg

中央斜めに薄っすらとある伊藤新道。いつか歩いてみたいな。
20220810-36.jpg

今日のうちに登るかどうか迷ったけど曇り空なので明日に期待。
20220810-35.jpg

湖畔散策。
20220810-38.jpg 
チングルマが見頃にまた来たいね。
20220810-39.jpg

【山行日20220811】

夜中何度か起きて空を見上げるも曇り空で星ひとつ出ていない。
早朝3時に起床、雨が降っている。きのう双六岳へ登っていれば良かった。
日の出5時に合わせ双六岳へ登るかどうか、雲上一発起死回生に賭ける。稜線分岐。
当然この時間歩いているのは私しかいない。
20220811-01.jpg 20220811-02.jpg

何ひとつ展望のない双六岳山頂。ガスが晴れることはなかった。日の出で明るくなる予感はあったが残念。山頂で強い雨が降ってきたのでテントへ戻りましょう。
20220811-03.jpg 20220811-05.jpg

分岐に登山者。みなさんこの雨の中奥地へ行くのですか…。私には無理。
20220811-06.jpg

テントは例のごとく雨撤収。このところ撤収は濡れたテントばかりだ。餓鬼岳と東沢岳。
20220811-07.jpg

雪渓跡に雷鳥3羽。
20220811-08.jpg

鏡平手前でようやくガスが晴れてきた。これでもかなり良くなったほう。
20220811-10.jpg

雲の流れが良いなぁ。何も撮れなかったので雲の流れ撮り。
20220811-11.jpg

槍ヶ岳も見えてきました。
20220811-12.jpg

雲流ノ槍。
20220811-15.jpg

上空晴れて来てる。あと1時間遅く出れば良かった?
白馬から南下した双六へ変更したけど足りなかった。後立山であれば晴れたな。
20220811-14.jpg

雲流。
20220811-16.jpg

西鎌尾根。
20220811-17.jpg

20220811-18.jpg

再び鏡池。

20220811-21.jpg

鏡池で晴れた。下山後晴れあるある。
20220811-22.jpg

笠ヶ岳。もう少し早く青空出てきて欲しかった。
20220811-23.jpg

西穂高岳はまた雲の中。
20220811-24.jpg

飛騨側からの槍!いいね。
20220811-25.jpg

今度はあの尾根を。
20220811-26.jpg

下山後ひがくの湯。危うく飛騨牛4000円コースいきそうになるのを堪える。
帰りに松本のカモシカへ。15%offセール中で大にぎわい。
山岳写真家の大島隆義さんの写真展『宝剣』をじっくり鑑賞。在廊されていた大島さんにご挨拶。お話頂きありがとうございました。
20220811-27.jpg 20220811-28.jpg

天気を思いっきり見誤った山行。休みに無理矢理山へ行くのでこんな日もあります。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【撮影機材】 PENTAX K-1 MarkⅡ
:HD PENTAX-D FA 15-30mmF2.8ED SDM WR
:HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR
:smc PENTAX-FA43mmF1.9 Limited
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【山行】単独行
【山行CT】10日 4:40新穂高温泉-12:40双六小屋 7時間56分
      11日 3:56双六小屋-4:42双六岳-双六小屋-8:05鏡平-新穂高温泉駐車場 8時間52分
【山行歩数】10日 30961歩 11日 34737歩
【ルート】

コメント

No title

天気残念でしたね、とはいえ鏡池の鏡っぷりはいい感じですね
私は8/7に鏡池通りましたが、ガスガスで何も見えませんでした😪

Re: No title

Nobuさん
 
ありがとうございます。
この日も天気を読んだつもりでしたが、ハズしてしまいました。
後立山であれば晴れたかも。
Nobuさんもガスでしたか。秋が晴れてくれると良いですね(^^)

コメントの投稿

非公開コメント

山・その他近況

プロフィール

Jimny Hiker

Author:Jimny Hiker
四季を問わず山と撮影を楽しむ登山依存症ハイカー。

カレンダー

09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

年別記録

検索フォーム

Jimny-Hiker

カウンター

Blog★Ranking



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ