記事一覧

【霧氷紅葉】 【谷川連峰半縦走】

【山行日20211018-19】


谷川岳・トマの耳。この時期ならではの霧氷と主稜線の紅葉

20211018-31.jpg


トマの耳からオキの耳。霧氷珊瑚が10月半ばでこんなに育っていた!

20211018-30.jpg



【山行日20211018】

数日前から寒気が入り込み、山は荒れそろそろ冬が到来しそうだ。

高い山の紅葉は終わり、気が付けば今年もまた谷川岳紅葉はタイミングを逃した。

でも中腹はまだこれから。一ノ倉沢出合の紅葉も気になる。

そして何より稜線の新潟側では霧氷が見れるはず。

時期ハズレだが馬蹄形縦走へ。蓬峠or清水峠でテント泊1泊2日で出かけます。

相変わらずした道で土合へ向かうと予想以上に真っ白な谷川連峰

パッと見、完全に冬山の様相です。沼田の気温は5度。寒そうだなぁ。

いつもテント泊時はカリマーのクーガー40-55の大型ザックで行きますが、今回は普段使いのリッジ40L。冬用シュラフ、水2.5Lで13.8kgまで軽量化。まあ、カメラ+3kg追加で実際は17kgですが。


新しいインフォメーションセンターの奥に車を停め西黒尾根をスタート。ゆうやけシンボルタワー!

20211018-03.jpg 20211018-04.jpg


Lブナを通過。                      森林限界を超え少し紅葉

20211018-05.jpg 20211018-08.jpg


早朝真っ白だった谷川岳。3段紅葉。ちょっと紅葉が染まりが弱いかな(笑)

20211018-09.jpg


平日とは思えない登山者。鎖場を通過。

20211018-11.jpg


ラクダの背から双耳峰。

20211018-12.jpg


紅葉と冠雪のオキの耳!

20211018-15.jpg


20211018-16.jpg


氷河の跡。

20211018-17.jpg


いつものポイントから東尾根。

20211018-18.jpg


20211018-19.jpg


霧氷のシシウド。

20211018-20.jpg


白毛門・笠ヶ岳・烏帽子岳・朝日岳・霧氷がいい感じです。

20211018-21.jpg


俎嵓・オジカ沢ノ頭。

20211018-22.jpg


いつもの標識から主稜線。

20211018-23.jpg


谷川主稜線縦走路。

20211018-25.jpg


予想通り!霧氷が素晴らしい!完全な雪山ではないので紅葉と霧氷のコラボレーション!

20211018-26.jpg


トマの耳からオキの耳。一ノ倉岳茂倉岳はガスの中。

20211018-27.jpg


霧氷ノ稜線!

20211018-28.jpg


昨日まで荒れまくり育った霧氷珊瑚!

20211018-30.jpg


霧氷天国! 霧氷と紅葉、これを見に来た! 

20211018-31.jpg


20211018-32.jpg


霧氷と朝日岳。

20211018-33.jpg


鞍部の岩からトマの耳。

20211018-34.jpg


霧氷を楽しみながらオキの耳へ。

20211018-36.jpg


天神平の雪はほぼ解けてしまったようです。

20211018-37.jpg


賑やかなオキの耳山頂。

20211018-38.jpg


20211018-39.jpg


20211018-40.jpg


トマの耳はガスに巻かれながら登山者でいっぱい!

20211018-41.jpg


主稜線の3段紅葉…稜線からでも3段と言うのかな?

20211018-43.jpg


奥の院。

20211018-44.jpg 20211018-45.jpg


一ノ倉岳。ガスがまだかかってます。平日なのに先へ行く方が多い。茂倉新道縦走でしょう。

20211018-46.jpg


20211018-47.jpg


オジカ沢ノ頭と俎嵓。

20211018-48.jpg


ノゾキからオキの耳。

20211018-49.jpg


ノゾキ。下の出合に緑のテントがあります。

20211018-50.jpg


一ノ倉岳のガスが取れた!

20211018-52.jpg


シャクナゲの葉が美しい霧氷珊瑚!

20211018-53.jpg


そして一ノ倉岳から双耳峰!私のアイコンにもなっている谷川岳で一番好きな場所。

20211018-54.jpg


ガスがちょっと多かった(笑)

20211018-55.jpg


谷川岳-オジカ沢ノ頭-万太郎山-仙ノ倉山-平標山。※写真をタッチすると大きな写真で見れます。

20211018-56.jpg


一ノ倉避難小屋。

20211018-57.jpg


茂倉岳へ。主稜線もガスが多くなってきた。さすが、気象変化が激しい谷川連峰

20211018-58.jpg


茂倉岳山頂。みなさん土樽へ降りたようです。  馬蹄形縦走路、武能岳方面は貸切のノートレース!

20211018-59.jpg 20211018-60.jpg


一ノ倉岳谷川岳

20211018-61.jpg


※タッチすると大きな写真で見れます。

20211018-62.jpg


貸切の馬蹄形縦走路!

20211018-63.jpg


武能岳の登り返しがキツい!

20211018-64.jpg


雪と紅葉。

20211018-65.jpg


貸切と思いきや、土合から登られてきた方と遭遇。肩の小屋から谷川温泉に下るとの事。武能岳山頂。

20211018-67.jpg 20211018-68.jpg


6月に登った大源太山。蓬ヒュッテが見えました。

20211018-69.jpg


交通の要所。清水峠へ向かう馬蹄形縦走路、土合へ向かう道と蓬新道。

20211018-70.jpg


20211018-71.jpg


標高を下げると雪も少なくなってきました。

20211018-72.jpg


蓬峠。ここにテントは無理かな(汗)

20211018-73.jpg


蓬ヒュッテに到着。管理人さんはいませんでした。   ひとまず水場で補給。

20211018-74.jpg 20211018-75.jpg


テン場にテントを張るも、空は一面分厚い雲に覆われ、気温が激下がり&強風!軽く雪もチラついている。テントの中まで強風、冬用シュラフでも寒い。これは流石にヤバいかも(笑)

テント撤収し小屋泊へ変更。小屋番さんはいらっしゃいませんが蓬ヒュッテでお世話になります。

20211018-76.jpg 20211018-77.jpg


室内は天国。暖かさが全然違う。それでもなかなかお湯が沸きません。暖かい食事を済ませ就寝。

外はものすごい強風でした。

翌朝、来た時より綺麗にして撤収。いつもは大型ザックの40-55で登ってましたが、普段使いのザックでもテント泊装備余裕。肩のベルトも柔らかく痛くならない。テントはICIのG-LIGHTのゴア製なので今度はフライも置いて行こうか。中に敷く銀のシートも除けばあと1kg減らせる。目指せザック10kg。まぁカメラで+3kgですが…。

20211018-79.jpg 20211018-78.jpg



【山行日20211019】


稜線は相変わらずの異常に冷たい強風。そして谷川連峰全体ガッスガス。晴れそうにありません。

馬蹄形縦走したかったけど、景色が撮れないので行く意味なし。新道で一気に下山します。

20211018-80.jpg 20211018-81.jpg


蓬峠からと清水峠へのルートは未踏なのでこの機会に楽しむことにします。晴れてればいい草紅葉。

エスケープルートですがスリップ、繰り返す渡渉、崖には注意が必要です。

20211018-82.jpg


武能岳から流れる沢と草紅葉。

20211018-83.jpg


清水峠分岐。                     緑色のこじんまりとした白樺避難小屋。

20211018-84.jpg 20211018-85.jpg


昨日清水峠まで行ってたら縦走してたかな。谷川ならまた次回。     新道へ。

20211018-86.jpg 20211018-87.jpg


ここにもあったシンボルタワー!             湯桧曽川沿いを歩く。

20211018-88.jpg 20211018-89.jpg


岩峰。

20211018-90.jpg


20211018-91.jpg


JR見張り小屋。天気が悪いので沢沿いで降りようかとおもいましたが…一ノ倉出合に登ろうか…

20211018-92.jpg 20211018-93.jpg


晴れてきたので🎵

20211018-94.jpg


そして…。ガス&紅葉には1週間から10日早い。

20211018-95.jpg


下り始めるとyothukoさんと嬉しいバッタリ!榛名で会って以来久しぶりです。

一ノ倉沢岩壁で一緒に記念撮影。写真いただきありがとうございました(^^)/ ※yothukoさん提供。

新しくできた立派な谷川インフォメーションセンターに戻ってきました。

20211018-96.jpg 20211018-97.jpg


館内拝見。谷川岳にまつわる歴史、自然、動植物の生態など、最新の技術で再現されていました。

FBで長年山友さんだったガイドのMさんにご挨拶。受付のお姉さんに伺うと館にはめったにいらっしゃらないとの事でしたが嬉しい出会いでした。          下山後は久しぶりの鈴森の湯へ。

20211018-98.jpg 20211118-99.jpg


紅葉と霧氷を見にテント泊で谷川連峰馬蹄形縦走。

稜線の霧氷はとにかく見事だった。厳冬期の真っ白な雪景色も良いが、紅葉と霧氷のこの時期がまた味わい深い。

悪天候でテント泊から小屋泊へ、馬蹄形から半馬蹄形へと変更を余儀なくされたが、嬉しいバッタリ、出会いもありいい2日間だった。

この時期の霧氷紅葉は冬山と違いその時に登らなければ見られない風景。わざわざこんな時期に登りに行きたくなります。

未踏ルートも歩けた。次回は稜線を周回出来るいい季節に来よう。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

【撮影機材】PENTAX K-1 MarkⅡ(修理から戻って来ました)

:HD PENTAX-DA★11-18mm F2.8ED DC AW

:HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

【山行】単独行

【山行CT】18日 6:54谷川岳インフォメーションセンター-7:07西黒尾根登山口-8:47ラクダの背-10:28トマの耳-10:46オキの耳-10:57奥の院-11:37ノゾキ-12:09一ノ倉岳-12:29茂倉岳-14:02武能岳-14:43蓬峠-14:55水場-15:10蓬ヒュッテ 8時間16分

      19日 5:58蓬ヒュッテ-6:55白樺避難小屋-8:26JR見張小屋-9:20一ノ倉沢出合-10:53谷川インフォメーションセンター 5時間13分

【山行歩数】18日28954歩 19日24533歩

【ルート】

コメント

谷川

初冠雪の谷川岳。とても綺麗!
馬蹄形が出来なくても十分でしょう。
蓬峠から降るのも賢い選択でした。
私もこれからは、冬山装備を念頭に入れなくては。

Re: 谷川

tomoさん

真っ白な銀世界もいいですが、霧氷紅葉も儚げで綺麗ですよね。いい日に登れました。
こんな時期に泊まりでご心配おかけしました😃

初冠雪

 初冠雪の谷川岳を初めて拝見しましたが、とても不思議感じで素晴らしい景色ですね♪拝見してるこちらも寒くなるような感じでしたw

No title

こんばんは

先日はお会い出来て良かったです!
ありがとうございました^^
谷川岳の雪景色は4月の残雪期にしか登った事がないので、
この時期の霧氷は私も狙っているのですが
天気と休みがなかなか合わず(><)
Jimny Hikerさんの写真から感動の様子が手に取るように伝わってきました。
見ているだけでワクワクするような写真です!
じっとしていられないので私も行ってきま~す
(≧▽≦)

Re: 初冠雪

TaKuさん

ありがとうございます。

厳冬期の銀世界の谷川岳も良いですが、紅葉と霧氷が入り混じる風景は
この時期ならでは。わざわざ少し天気が宜しくない時に訪問しています(笑)
今シーズンは雪が多いといいですね。
冬山の谷川岳がとてもたのしみです(^^)/

Re: No title

よつこさん

こんばんは(^^)/
こちらこそありがとうございました!
冬に向かう谷川岳は天候は激しいですが、晴れると最高です。
この時期は紅葉も良いですが、高山では霧氷と両方楽しめるのでいい季節です。
次のお休みは晴れると良いですね。
冬の谷川は今年も何度も通いそうです(^^)/

コメントの投稿

非公開コメント

Jimny-Hiker掲示板

プロフィール

Jimny Hiker

Author:Jimny Hiker
四季を問わず山と撮影を楽しむ登山依存症ハイカー。

カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

年別記録

検索フォーム

Jimny-Hiker

カウンター

Blog★Ranking



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ