記事一覧

【風雪ノ稜線】 【燕岳】

【山行日20210503】


厳冬期のような燕岳への稜線。

20210503-02R.jpg


合戦尾根は快晴。

20210503-01.jpg



ここ数日、天気が難しい。午前中晴れたと思えば、昼から荒れて雹まで降ってくる。

3日はまあまあ晴れそうなので燕岳へ。

燕山荘のHPを見ると稜線はまるで厳冬期のように雪覆われ真っ白な山容。

Tomoさんをお誘いしご一緒します。

稜線はかなり寒いと予想するので、厳冬期用アンダー・シェルジャケットにフリース、ピッケルにアイゼン、ワカンのほぼフル装備で登ります。天気は11時頃から下り坂。 早朝?深夜?

【AM3:38】

中房をスタート。駐車場確保と午前中勝負の為。       第一ベンチ通過。

20210503-04.jpg 20210503-05.jpg


第2ベンチ手前から新雪が現れる。          樹林帯でモルゲンは見れなかった。

20210503-06.jpg 20210503-07.jpg


合戦小屋手前から竹竿。燕山荘スタッフの方に感謝。

20210503-08.jpg 20210503-09.jpg


【06:24】

合戦小屋で早めのお昼休憩。積雪は10cm程度。ベンチは吹き溜まりなのでスタッフの方が雪かきをされていました。                     合戦小屋から先は銀世界。

20210503-10.jpg 20210503-12.jpg


ガスに覆われる大天井岳。

20210503-11.jpg


森林限界を超えると強風の合戦尾根。雪煙が凄い!

20210503-13.jpg


20210503-14.jpg


20210503-15.jpg


燕山荘と燕岳が見えてきた。

20210503-16.jpg


おおっ、風が強い!

20210503-17.jpg


【風雪】

20210503-18.jpg


20210503-47.jpg


ここ数日ずっと天気が荒れ、雪が降ったばかりなので真っ白です。

20210503-20.jpg


Tomoさんもこの景色には満足そう。

20210503-01.jpg


20210503-21.jpg


ド快晴もよりも、これくらい風があるほうが良いね。

20210503-22.jpg


雲が切れた大天井岳。

20210503-23.jpg


燕岳も雲が流れてきた。                   先に見える燕山荘。

20210503-24.jpg 20210503-25.jpg


もう一息。天気、もってくれ!

20210503-26.jpg


霧氷に覆われたダケカンバ。

20210503-27.jpg


雲の切れ間を期待しつつ…でもさすがに槍ヶ岳は見えそうにありません(;´Д`)

20210503-28.jpg


【7:59】

燕岳稜線に登り上げ、大天井岳・槍ヶ岳方面。爆風でフードをかぶらないといられません。

雲が多い。もう少し天気が持つと思いましたが、予報よりかなり早く荒れてきました。

20210503-29.jpg


水晶岳方面も雲に覆われている。雪の粒が飛んできて顔に当たり痛いです。

20210503-30.jpg


それでもなんとか青空がもってくれた?

20210503-31.jpg


燕岳。

20210503-32.jpg


ちょっと風が強すぎたか。

20210503-03.jpg


まるで厳冬期のような稜線風景。GWの北アルプスはまだ冬です。

20210503-02.jpg


風の燕山荘。合戦小屋で休憩してきて良かった。         風雪に耐える山男さん。

20210503-33.jpg 20210503-34.jpg


青空が少しでもあるうちに燕岳へ。             曇空で全く映えないイルカ岩。

20210503-35.jpg 20210503-36.jpg


山頂だけ。20210503-38.jpg


20210503-39.jpg


風雪に打たれながら登る。流石に風が強すぎた、ほぼガスです。

20210503-46.jpg


ガスメガネ。                 【8:57】ガス山頂。寒い。痛い。速攻撤収。

20210503-40.jpg 20210503-41.jpg


ガス稜線。

20210503-42.jpg


ガス燕山荘。                       雪が降る合戦尾根。

20210503-43.jpg 20210503-44.jpg


合戦小屋。雪がちらつく中、続々登ってくる登山者。

20210503-45.jpg


GWの北アルプス。ほぼ真冬の様相。

前日のテント泊の方も小屋泊に変えられたようです。この風では難しそうだ。

復路の合戦小屋から先は風雪で戻ってこられた方もいらして賢明な判断。

冬装備でも寒い1日。かなり軽装の人とかもいたけど大丈夫だろうか。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

◇冬山の為、登山道の雪の状況は日々変化、また、その年の天候などに左右されます。

具体的なことはガイドブックなどを参照いただければと思います。

◇撮影に大幅に時間をかけてるため、山行CTはあまり参考になりません。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

【撮影機材】PENTAX K-3Ⅱ.

:HD PENTAX-DA★11-18mm F2.8ED DC AW

:HD PENTAX-DA 16-85mmF3.5-5.6ED DC WR

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

【山行】2名 Tomoの奥利根山歩きさん同行

【山行CT】3:38中房-6:24合戦尾根-8:05燕山荘-8:57燕岳-9:36燕山荘-10:37合戦尾根-12:33中房

Total:8時間57分

【ルート】

コメント

No title

こんばんは。
まずはご無事の帰還で何より、早めの行動が功を奏した感じがします。
この日の槍ヶ岳は、遭難があり3人が亡くなりましたね。
金精道路や志賀草津道路、磐梯吾妻スカイラインなどでも降雪があったみたいです。
平地でも西風ビュービュー吹いてました。

Re: No title

でんさん

ありがとうございます。
このGWは事故が多かったですね。
5月の冬山はすぐに荒れるので油断できませんね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Jimny Hiker

Author:Jimny Hiker
四季を問わず山と撮影を楽しむ登山依存症ハイカー。

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

年別記録

検索フォーム

Jimny-Hiker

カウンター

Blog★Ranking



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ