記事一覧

【厳冬ノ雪稜】 八ヶ岳主峰 【赤岳】

【山行日20210111】


大寒波到来。厳冬期の南八ヶ岳主峰・赤岳へ。稜線は氷点下18度!

20210111-80.jpg


地蔵ノ頭手前から横岳。

20210111-21.jpg



12月に計画していた八ヶ岳。強力な寒波が次々と押し寄せなかなか高山に行けません。

大寒波はまだ居座っているけど、少し緩んだ気圧配置、厳冬期の南八ヶ岳主峰・赤岳に登ります。

夜明け前に、地球照美しい月世界。

20210111-01.jpg


美濃戸口・赤岳山荘へ。               雪がちらつく中、北沢から赤岳鉱泉へ。

20210111-02.jpg 20210111-03.jpg


美濃戸口から赤岳鉱泉まではチェーンスパイク。     赤岳鉱泉のアイスキャンディ。

20210111-05.jpg 20210111-04.jpg


極寒で乾燥の南八ヶ岳。気温氷点下15度。雪の結晶も良く見える。

20210111-06.jpg


中山展望台に登り上げ赤岳・中岳・阿弥陀岳で展望を楽しむ。12本アイゼンに履き替え行者小屋へ。

20210111-07.jpg


南アも真っ白。塩見岳方面かな。                業者小屋から地蔵尾根へ。

20210111-09.jpg 20210111-08.jpg


薄っすら青空の大同心・小同心。登り上げるにつれどんどん墨絵となっていく。

20210111-10.jpg


鉄階段・鎖は半分出ているが急な雪面。アイゼンを効かせ登る。

20210111-12.jpg 20210111-15.jpg


ダケカンバ帯から横岳。

20210111-13.jpg


阿弥陀岳も高曇り。

20210111-14.jpg


雪はあまり増えてませんが、慎重に登ります。

20210111-16.jpg 20210111-18.jpg


振り返る中岳・阿弥陀岳。

20210111-17.jpg


横岳を見上げる。東側はガスに覆われてきた。

20210111-19.jpg


地蔵の頭手前から横岳。

20210111-21.jpg


陽ざしが弱い赤岳。

20210111-23.jpg


主峰を登る登山者数名。

20210111-22.jpg


岩壁連なる横岳。

20210111-25.jpg


地蔵尾根を登り上げ地蔵ノ頭。お地蔵様もメチャクチャ寒そう…。それもそのハズ、氷点下18度!

20210111-26.jpg 20210111-27.jpg


八ヶ岳主峰・赤岳。

20210111-80.jpg


墨絵色の主峰【赤嶽】。

20210111-28.jpg


もっと天気がいい予報だったんだけどなぁ。

20210111-29.jpg


20210111-32.jpg


20210111-31.jpg


-18度、寒い。風が吹くと痛い。カメラを構えると氷のような機材に鼻がヤラれる。

20210111-33.jpg


赤岳展望荘に到着。                極寒を物語るが、雪が意外と少ない。

20210111-34.jpg 20210111-35.jpg


頂上山荘がガスで薄っすら。登るにつれ山頂がガスで覆われてきた。

20210111-36.jpg


山頂直下の雪稜から横岳・硫黄岳。

20210111-37.jpg


横岳方面はガスが解消したようだ。

20210111-38.jpg


岩峰連なる横岳-硫黄岳。双耳峰・天狗岳も姿を現してきた。

20210111-39.jpg


赤岳頂上山荘に到着。北峰から南峰。          北峰山頂で凍結した定番の赤岳山頂標識。

20210111-41.jpg 20210111-44.jpg


極寒の雲海の奥に奥穂高岳・前穂高岳・槍ヶ岳。

20210111-43.jpg


山頂から阿弥陀岳。

20210111-45.jpg


大同心・小同心・横岳の岩峰。

20210111-46.jpg


硫黄岳-天狗岳。蓼科山はもう一息。

20210111-47.jpg


真っ黒に見えるだけ?の富士山。

20210111-48.jpg


編笠山と権現岳、奥に南アルプス主峰群・北岳-甲斐駒ヶ岳-仙丈ケ岳。

20210111-49.jpg


富士山と南ア・権現岳。

20210111-52.jpg 

20210111-53.jpg


20210111-54.jpg


赤嶽神社でお参り。寒すぎるので今回は早めに下山開始。     分岐から文三郎尾根方面へ。

20210111-51.jpg 20210111-55.jpg


下り始めの岩場。岩と雪のMIX。滑落しないよう慎重に降る。

20210111-56.jpg


振り返り、見上げる。

20210111-57.jpg


均整の取れた阿弥陀岳。

20210111-58.jpg


南ア・権現。

20210111-59.jpg


岩場を降り中岳分岐付から横岳。青空出るのちょっと遅かったよ。

20210111-60.jpg


中岳と阿弥陀岳。

20210111-61.jpg


20210111-62.jpg


さすがにもう一度登り返す気力はないなぁ。また登りに来よう。

20210111-63.jpg


赤嶽。

20210111-64.jpg


20210111-66.jpg


20210111-65.jpg


20210111-67.jpg


20210111-68.jpg


文三郎尾根を下り業者小屋。        

20210111-69.jpg 20210111-71.jpg 

行者小屋から赤岳。

20210111-70.jpg


青空の稜線が見たかったけど、また次回。

20210111-72.jpg


南沢コースも青空樹氷。

20210111-74.jpg


20210111-75.jpg


20210111-76.jpg


阿弥陀、白く輝いてるな。             帰路に林道を撮影。四駆+スタッドレス必須。

20210111-77.jpg 20210111-78.jpg


下山後あるあるにしては完璧すぎる快晴。

20210111-79.jpg


昨年、杣添尾根から赤岳に登ってから半年ぶりの八ヶ岳。

大寒波で寒い1日。稜線は高曇りで墨絵のような山行になってしまったが、むしろ迫力ある雪の岩壁撮影が出来たのでは。

気温は低すぎて痛いぐらいだったが、天気を見てまた再訪したい。


カメラの話になるが、氷点下18度でファインダーを覗き鼻が機材に当たると冷たすぎて痛い。

開発中のPENTAX K-3 MARK3はファインダーが手前に出て鼻が画面に当たらない仕様になっているとのこと。こうした厳しい環境では最適そうだ。20万円後半の資金が捻出できるか課題。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

◇冬山の為、登山道の雪の状況は日々変化、また、その年の天候などに左右されます。

具体的なことはガイドブックなどを参照いただければと思います。

◇撮影に大幅に時間をかけてるため、山行CTはあまり参考になりません。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

【撮影機材】PENTAX K-3Ⅱ.

:HD PENTAX-DA★11-18mm F2.8ED DC AW

:HD PENTAX-DA 16-85mmF3.5-5.6ED DC WR

:HD PENTAX-DA55-300mm F4.5-6.3ED PLM WR RE

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

【山行】単独行

【山行CT】7:00赤岳山荘-8:33赤岳鉱泉-8:58中山展望台-9:29行者小屋-10:29地蔵尾根-地蔵の頭-10:44赤岳展望荘-11:28赤岳-11:45竜頭峰分岐-13:00阿弥陀分岐-13:07行者小屋-15:01赤岳山荘

Total:7時間55分

【ルート】

20210111-82.jpg

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Jimny-Hiker掲示板

プロフィール

Jimny Hiker

Author:Jimny Hiker
四季を問わず山と撮影を楽しむ登山依存症ハイカー。

カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

年別記録

検索フォーム

撮影機材

【カメラ】
PENTAX K-3Ⅱ
SIGMA DP1 Merrill

【レンズ】
◆広角
HD PENTAX-DA★11-18mm F2.8 ED DC AW
smc PENTAX-12-24mm F4 ED AL[IF]
◆標準
smc PENTAX-DA★16-50mm F2.8 ED AL[IF]SDM
HD PENTAX-DA16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR
smc PENTAX 18-135mm F3.5-5.6 ED AL[IF]DC WR
◆望遠
smc PENTAX-DA★50-135mm F2.8 ED AL[IF]SDM
HD PENTAX-DA55-300mm F4.5-6.3ED PLM WR RE
SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
◆マクロ
TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 Model 272E
◆魚眼
SIGMA 10mm F2.8 EX DC FISHEYE

未だレンズ沼に潜行中…

Jimny-Hiker

カウンター

Blog★Ranking