記事一覧

【北アルプス】花ト雲海ノ稜線【白馬岳】

【山行日20200722】 -記録更新完了-


晴れの予感が的中!北アルプス・白馬岳!

20200722-32.jpg


今年の2月に厳冬期の唐松岳に登って以来5ヶ月ぶりの白馬。今年も白馬岳に登りに来ました。

ウルップソウには時期が少し遅いが、稜線でお花畑が見れそう。

関東は雨続きの中、北陸方面が晴れそうな予感。登り始めは小雨。大雪渓に着く頃には晴れてくる。

20200722-33.jpg 20200722-34.jpg


今シーズンは白馬鑓温泉は休業、その為登山道も閉鎖。

20200722-35.jpg 20200722-36.jpg


ようこそ大雪渓。        白馬尻小屋も立っておらず、トイレも使用出来ません。

20200722-37.jpg 20200722-38.jpg


例年白馬尻のテン場ギリギリまで雪渓があるが、ゴウゴウと鳴り響く流れ、雪渓がない!

雪渓はかなり先まで後退している。

20200722-39.jpg


キヌガサソウは見頃を過ぎてしまった。

20200722-40.jpg


夏道を登り大雪渓へ。アイゼン・ヘルメット着用で登ります。

20200722-02.jpg


大雪渓のクレバス。

20200722-03.jpg


クレバスと落石の間を縫って登って行きます。

20200722-41.jpg


青空杓子。昨年はガス、一昨年は雨、今回は稜線が期待出来そうだ。

20200722-04.jpg


平日でコロナ禍とうこともあり人はかなり少なめ。

20200722-05.jpg


葱平に着く前に雪渓が終わってしまった。ボーダーさんは凸凹の雪渓で滑るのは難しい。

20200722-43.jpg 20200722-42.jpg


雪渓が大きな口を開けている。

20200722-44.jpg


20200722-06.jpg


葱平からはお花が出迎えてくれる。クルマユリ。

20200722-07.jpg


ミヤマキンポウゲ。

20200722-46.jpg


オタカラコウ。

20200722-47.jpg


幾年月。

20200722-08.jpg


ミヤマキンバイ。

20200722-30.jpg


ハクサンイチゲとミヤマキンポウゲ。

20200722-10.jpg


ミヤマタンポポ。                    シシウドが大きい。

20200722-48.jpg 20200722-49.jpg


小雪渓は短いけど毎年滑落事故が起きているのでアイゼン装着。

20200722-50.jpg 20200722-51.jpg


20200722-52.jpg


今日の雲は抜群です。

20200722-53.jpg


シナノキンバイ。

20200722-54.jpg


テガタチドリとヨツバシオガマ、ミヤマタンポポに…花が多くてなかなか進みません。

20200722-55.jpg


20200722-09.jpg


クロユリ。                        ミヤマオダマキ。

20200722-11.jpg 20200722-57.jpg


ミヤマタンポポ。                     白馬岳頂上宿舎に到着。

20200722-56.jpg 20200722-59.jpg

 

お目当てのウルップそうがお出迎え。

20200722-58.jpg


ウルップソウにクジャクチョウ。

20200722-12.jpg


20200722-13.jpg


ユキワリソウ。

20200722-14.jpg


ハクサンイチゲとミヤマキンバイ。

20200722-60.jpg


雲海の先に剣岳。

20200722-15.jpg 20200722-61.jpg


20200722-62.jpg


旭岳の向こうは雲海。

20200722-64.jpg


雲の上に来ました。山頂手前から杓子岳・白馬鑓ヶ岳。

20200722-16.jpg


20200722-32.jpg


雲の動きが早く…。

20200722-65.jpg


20200722-17.jpg


山頂。人はほとんどいません。   花を探しに三峰境方面へ。 

20200722-18.jpg 20200722-66.jpg


ミヤマシオガマと旭岳。

20200722-19.jpg


山頂から三峰境方面。赤城さんのHPトップ画面の場所へ。

20200722-20.jpg


20200722-21.jpg


小蓮華岳方面はお花でいっぱい。 シコタンソウ。

20200722-22.jpg


ミヤマシオガマ。

20200722-23.jpg


残雪のウルップ・ベンケイ・ツガザクラ・ミヤマクワガタ。

20200722-67.jpg


ウルップソウ・ミヤマアズマギク・イワベンケイ。

20200722-24.jpg


20200722-25.jpg


20200722-26.jpg


タカネハヤズハココ。                 カメノコテントウ。

20200722-69.jpg 20200722-70.jpg


お花畑の旭岳、富山方面はどこまでも続く雲海。

20200722-27.jpg


20200722-68.jpg


イワツメクサとタカネシオガマ。

20200722-72.jpg


展望を堪能したら下山。晴れでテン泊であればもっと楽しめるのにな。

20200722-28.jpg


杓子-白馬鑓。 稜線の登山者は五竜・鹿島槍まで縦走するのかな。

20200722-73.jpg


20200722-74.jpg


20200722-29.jpg


関東だけでなく何処も長雨続き。北陸方面が晴れると予想し見事的中、梅雨末期だが晴れの山、

北アルプスを5ヶ月ぶりに楽しむことが出来た。白馬岳も毎年登る山になっています。

花と展望の白馬岳、連休であれば栂池からテント泊で来ているところだが、梅雨明けしていないこともあり今年も大雪渓をピストンで日帰り。コロナの影響で白馬尻小屋は休業、白馬鑓温泉方面も通行禁止になっている。


復路にパトロール隊の方が大急ぎで大雪渓方面へと降りて行く。

葱平あたりにパトロール隊の方と座り込む人。どうやら落石に当たってしまったようだ。

意識があって何よりだが、今年は雪も少なく落石も多いと猿倉荘で聞いた。

アイゼンとヘルメットは必須、とは言え大岩は防げないので、大雪渓では常に周りに気を配りたい。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

【撮影機材】PENTAX K-3Ⅱ.

:HD PENTAX-DA★11-18mm F2.8ED DC AW

:smc PENTAX-DA★16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM

:HD PENTAX-DA55-300mm F4.5-6.3ED PLM WR RE

◇撮影に大幅に時間をかけてるため、山行CTはあまり参考になりません。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

【山行】単独行

【山行CT】9時間55分

【山行距離】21.7km

【ルート】猿倉荘-大雪渓-白馬岳頂上宿舎-白馬山荘-白馬岳-馬ノ背-白馬岳-白馬山荘-白馬頂上宿舎-大雪渓-猿倉荘

Screenshot_20200724-003914_R.jpg

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Jimny Hiker

Author:Jimny Hiker
四季を問わず山と撮影を楽しむ登山依存症ハイカー。

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

年別記録

検索フォーム

Jimny-Hiker

カウンター

Blog★Ranking



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ