記事一覧

【常念岳】-20190522- -記録更新完了-

【山行日20190522】


前日の大雨の予報もそれほどでもなく、昼には雨も上がっていた。

各地の林道を検索しても特に通行止めの案内はない。GPVでは翌日青空快晴の予報

今月何度も予定していた常念岳へ雪渓歩きを楽しんできました。

20190522-11.jpg


駐車場に車を停め林道を歩き登山口へ。

20190522-20.jpg 20190522-21.jpg


タケシマランがたくさん咲いています。

20190522-22.jpg


いくつか渡渉を繰り返す。前日の大雨か、雪解けの影響か水量が多く渡りづらい。

20190522-23.jpg


雪渓が見えてきました。

20190522-24.jpg


丸太橋から一の沢雪渓。手前の雪は全てデブリ。夏道は出てないので雪渓を登って行きます。

20190522-02.jpg


アイゼン・ピッケル、ヘルメット装備で登ります。

20190522-15.jpg


雪渓の幅は狭いのですが、上までしっかりつながっていて快適。

20190522-25.jpg 20190522-26.jpg


この時期だけの滝。

20190522-27.jpg


20190522-28.jpg


ほぼ直登で急登。常念は稜線の更に先。遠いな。

20190522-16.jpg


常念乗越から常念小屋と槍ヶ岳。

20190522-03.jpg


常念へ向け標高を上げる。振り返り横通岳。

20190522-29.jpg


素晴らしい槍のある風景。

20190522-30.jpg


奥の山々が見えてきます。

20190522-31.jpg


常念岳中腹から大天井岳・雄山・剣岳・針ノ木岳・蓮華岳・燕岳・鹿島槍ヶ岳・五竜岳・白馬岳。

20190522-10.jpg


山頂から槍・穂高。

20190522-04.jpg


20190522-06.jpg


前穂高岳・奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳。

20190522-32.jpg


槍ケ岳。

20190522-07.jpg


北アルプスが遠くまで見渡せます。

20190522-05.jpg


水晶岳。

20190522-33.jpg


雄山・剣岳。

20190522-34.jpg


手前、燕岳と奥針ノ木岳・蓮華岳。

20190522-35.jpg


20190522-36.jpg


前穂高岳-奥穂高岳-涸沢岳-北穂高岳。

20190522-08.jpg


乗鞍岳・御嶽山。

20190522-37.jpg


20190522-09.jpg


嬉しいライチョウのつがい。羽毛は生え変わり始め。

20190522-01.jpg


20190522-39.jpg


凛々しいね。

20190522-38.jpg


20190522-40.jpg


どこを見ているのかな。

20190522-11.jpg


ハロ。

20190522-12.jpg


槍の見納め。

20190522-14.jpg


ガスが出ることなく。

20190522-13.jpg


20190522-41.jpg


シャグマアミガサタケ?脳みそだよなぁ。正しく毒抜きすれば食べられるとか…。

20190522-42.jpg


猿の大群を避け下山。

20190522-43.jpg


川の水量が多く、渡渉する場所が難しい。

スノーブリッジもいつまで持つのかな。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

◇残雪期の為、登山道の雪の状況は日々変化、また、その年の天候などに左右されます。

具体的なことはガイドブックなどを参照いただければと思います。

◇撮影に大幅に時間をかけてるため、山行CTはあまり参考になりません。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

【撮影機材】PENTAX K-3Ⅱ.

:smc PENTAX-DA 12-24mm F4 ED AL [IF]

:smc PENTAX-DA★16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM

:smc PENTAX-DA★50-135mmF2.8ED AL[IF] SDM

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

【山行】単独行

【山行CT】9時間29分

【ルート】

コメント

ライチョウ

つがいの雷鳥が見れてラッキーでしたね。
一ノ沢の雪渓登り楽しいでしょう。

Re: ライチョウ

tomoさん

白い羽毛のライチョウのつがいはなかなか見れないのでは。
雪渓登りは青空も広がり最高でした(^^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Jimny Hiker

Author:Jimny Hiker
四季を問わず山と撮影を楽しむ登山依存症ハイカー。

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

年別記録

検索フォーム

Jimny-Hiker

カウンター

Blog★Ranking



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ